ワークのバージョンアップ。新属性の追加とOS間の互換性アップをおこないました
見出し画像

ワークのバージョンアップ。新属性の追加とOS間の互換性アップをおこないました

このたび、”つくる”機能が搭載されたフルバージョンのAndroid™版をリリース致します。
それにともない、iOS含む全てのスプリンギンにて、ワークのバージョンアップと動作エンジンのバージョンアップを行いました。

※エンジンとは?
みなさんのつくったワークを動かすためのアプリ内のシステム。重力やぶつかった時の動き、その他設定された属性通りに動かすなど、全てのワークの動作の土台となる部分です。

画像13

本記事ではアップデート内容を詳しくご説明いたします。
大きな変化もありますので、既存ユーザーの方も是非お読みください。

アプリのアップデートも行っていただくよう、おねがいします

AndroidとiOSの違いについて

これまでのプレイヤー機能のみ搭載されていたAndroidでは、iOSとは違う動きをすることがありましたが、今回のエンジンの共通化により、今後作成される新しいワークでは同じ動作をするようになりました。

画像1

※新バージョンのワークをプレイするには必ずアプリをアップデートする必要があります。

これまでの旧ワークについて
過去作成されたワークにつきましては、これまで通りの動作となります。iOSでは完全にそのまま動き、Androidでは動作が異なる場合が発生します。

過去作をAndroidでもあそんでもらいたい方は、一度編集モードに入り、問題なく遊べるかを確認し、調整して再出品してください。

ワークバージョンの確認方法

画像2

ワーク詳細画面の左上に、このワークのバージョンが表示されます。

画像3

Androidでワークバージョン1のワークを選ぶと、正しく動作しない場合があるため△マークとなります。

※わからないときは
iOSをお使いの方はアプリを最新版にアップデートすれば、全てのワークで遊べます。


新属性が追加されました

今回のバージョンアップで、新たに属性が追加されました。
簡単にご紹介します

■変身

picture_pc_29e26c843de64472ec3bf69a0e1f5b29 - コピー - コピー

対象アイテムの見た目を自身と同じものにする

イベント発生時に、選んだアイテムが自分と同じ姿に変わります。
見た目が変わるのは勿論、物理的に重さや衝突の形なども変化します。


■シーンズーム

picture_pc_29e26c843de64472ec3bf69a0e1f5b29 - コピー

プレイ中に表示されるシーンの範囲を変える

これまでは常にシーン全体を表示していましたが、ズームした一部を見せることができるようになりました。
表示画面外へのアイテム配置などを行うことができます


■フォーカス

画像6

【シーンズーム】はこのアイテムを中心に表示されるようになる

上記の【シーンズーム】と併せて使います。
フォーカス設定をしたアイテムが画面の中心になるように、表示範囲が動きます。
※1シーンに1アイテムのみ設定可能です
※シーン端以上には動きません。


■ワークフラグチェンジ

picture_pc_29e26c843de64472ec3bf69a0e1f5b29 - コピー (2)

ワークフラグを切り替える

新たに「ワークフラグ」というシステムが追加されました。
このフラグは、ワーク単位でプレイ中の情報を保持し続けるフラグになります。シーンが変わってもリセットされることなく使うことができます。

ワークフラグを使いこなすにはテクニックが必要ですが、これまで以上に複雑なワークをつくることができるようになりますので、上級者はぜひチャレンジしてみてください。


これらの属性は、これまでつくることが出来なかったようなしかけを生み出すことができる属性です。
ぜひテクニック動画などでより詳しくご紹介していけたらと思います。
みなさんも、ぜひ試しに使ってみてください。


アイテム作成画面UIの改善

アイテム作成画面のUI変更を行いました

写真 2021-10-22 14 43 25

▲タブレットのアイテム作成画面

画像12

▲スマートフォンのアイテム作成画面

タブレット端末とスマートフォン端末の親和性をはかり、どちらでも差がなく使えるようなデザインを目指しました。

つくれるアイテムの縦横比がシーンと同じになりました

画面いっぱいに描いた絵を、そのままシーン全体に配置することができます。


その他の変更点

■タッチ移動無効の個別設定ができるようになりました

画像9

【タッチ移動無効】アイコンの右上にスライドマークがあります。スライドすることで…

画像10

移動・回転・拡大を選択して無効化することができるようになりました。
「指でキャラクターを移動させたいけどサイズは大きくされたくない」などの指定ができるようになりました。

■動力の表示方法の変更

画像11

上下左右属性が1まとめに表示されるようになりました。こちらをタップすることで上図のように方向を選ぶことができます。

おわりに

以上、今回のアップデート内容になります。

Android版がリリースされ、更に沢山のクリエイターさんの活躍を見れることを楽しみにしています。
iOSでこれまで楽しんでくれていたクリエイターのみなさんも、これから始められる新人クリエイターさんを応援し、ステキなワークで歓迎していただけると嬉しいです。


▼Springin'について


▼iOS版ダウンロードはこちら


▼Android版ダウンロードはこちら


ありがとうございます(*^_^*)
誰でもクリエイターになれるビジュアルプログラミングアプリ『Springin’(スプリンギン)』のnoteです。みなさんが作ってくださった作品の紹介やテクニック、ニュースなどをお知らせします。#springin をつけた投稿もお待ちしています。