効果音やBGMをつけてみよう!音の使い方【Springin'テクニック】
見出し画像

効果音やBGMをつけてみよう!音の使い方【Springin'テクニック】


いつもSpringin'をご利用いただき、ありがとうございます。

4/22から実施する「母の日キャンペーン」では、ワーク作りに使えるイラストのアイテムだけでなく、効果音やBGMを配布しています。


アイテムワークとして音を配布するのは初めてなので、「どうやって使えばいいの?」という方も多いのではないでしょうか?


そこで、この記事では素材として配布された「音」をどうやって使うのかを解説していきます

これまでのワークで音を使ったことのない人は、ぜひ使ってみてくださいね。


まずは、使いたい効果音やBGMを選ぼう

母の日キャンペーン用のアイテムワークには
・イラストのアイテム
・効果音
・BGM

が入っています。

効果音やBGMはワークの中に配置されている花束や花を押すと聞けるので、まずはどれを使いたいか選びましょう。

画像1


ワークを作ってみよう

まずは、右上にあるシーンの作成ボタンを押して、新しい真っ白なシーンをつくります。

新しくできたシーンを開いたら、左上のアイテム一覧から、音をつけたいアイテムを選びましょう。
もちろん、自分で新しくアイテムを描いて作ってもOKです。

アイテムができたら、シーンに配置して属性メニューを開きます。
属性メニューの「音」をタップしましょう。
赤い枠がついているのが「音」のアイコンです。

画像2


タップすると、使用できる効果音やBGMが一覧ででてきます
そこからつけたい音を選んでチェックを押しましょう。

画像3

設定後、一番下の再生ボタンを押してアイテムを押し、音が鳴ればOKです。


アイテムにつけた音を繰り返し流したいとき

属性で「音」をつけるだけだと音は1回きりしか流れません。
BGMとして使用したい場合は繰り返し流したいですよね。

そこで使用するのが「ループ」です。

画像4


「ループ」を設定すると、一度アイテムを押すと音が繰り返し流れます。
設定したあとに、再生ボタンを押して繰り返し流れるか確かめてみてください。


アイテムを押さなくても自動的に再生したいとき

ワークを開いたときに自動的に音を流したい場合は「オート」を使ってみましょう。

画像5

「オート」を設定すると、そのシーンを開いたときから音が自動的に再生されます。BGMを設定するときに、ぜひ使ってみてください。


もちろん自分オリジナルの音を新たに追加してもOK!

ぜひこの機会に音を使ったワークをつくってみてくださいね。


次の更新、がんばります(^v^)
誰でもクリエイターになれるビジュアルプログラミングアプリ『Springin’(スプリンギン)』のnoteです。みなさんが作ってくださった作品の紹介やテクニック、ニュースなどをお知らせします。#springin をつけた投稿もお待ちしています。