Springin’*スプリンギン
「リズムシ はじける なかま コンテスト」振り返りレポート
見出し画像

「リズムシ はじける なかま コンテスト」振り返りレポート

Springin’*スプリンギン

こんにちは!リズムシシリーズの作者であり、「リズムシ はじける なかま コンテスト」審査員の成瀬つばさです。

先日、「リズムシ はじける なかま コンテスト」の受賞作品発表会が行われました。
詳しい様子はこちらから↓

たくさんのご応募ありがとうございました!数としては400作品以上。本当に魅力的な作品ばかりでした。

うれしかったのは、正解やクリアといった概念のない、「ゲームではない」作品が多かったこと!純粋に、「音で遊べる」作品がたくさん集まりました。
ゲームという形にしなくても、ボタンを押したら音が鳴って絵が動く。それを発展させていくだけで作品として面白い!こういった感覚は、ワークショップのような形でしっかりレクチャーをしないと伝わらないものかと思っていました。ところが今回のコンテストでは、詳しい説明がなくても、どんどん独自の音で遊べる作品が生まれていきました。審査をしていて一番感動したのはその部分です。こんなにたくさん、独自の音遊び作品が集まったコンテストは過去にないのでは!
あえて難しい言葉を使う必要もないのですが、どの作品も「メディア・アート」や「サウンド・アート」と十分に呼べるものだと思います。

私は子供の頃から、ノートにちょっとしたゲーム画面のようなものを描いて遊んだりはしていましたが、実際にちゃんとプログラムとして形になったのは、大学生の終わり頃です。それが「リズムシシリーズ」としてスマホ向けにリリースされ、グッズ販売や様々なコラボレーション企画などに発展していきました。
コンテストの応募者には、小学生の方もたくさんいました。子供の頃からちゃんと作品を形にできていた方たちは、大人になったらいったいどんな作品がつくれちゃうんでしょう!ワクワクが止まりません。これからが楽しみです!

今回、初の試みとして、応募作品の音を使ったスペシャルRemix動画も作成しました!こちらもぜひあわせてご覧ください。

そしてそして、先日行われたスプリンギンのワークバージョンアップデートにより、効果音作成ツールが使えるようになりました!
詳しくはこちら↓

私もさっそく、効果音作成ツールを使って、いろんな効果音をつくってみました。

音をつくる方法が増えたことで、ますます「音がかっこいいワーク」の登場に期待が高まります!
もしかしたら、また、音をテーマにしたコンテストが開かれることともあるかも!?ぜひ、効果音作成ツールを活用していろんな音をつくってみてください!
ではでは。


【ダウンロードはこちら】

iOS版はこちら
Android版はこちら

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
次の更新、がんばります(^v^)
Springin’*スプリンギン
誰でもクリエイターになれるビジュアルプログラミングアプリ『Springin’(スプリンギン)』のnoteです。みなさんが作ってくださった作品の紹介やテクニック、ニュースなどをお知らせします。#springin をつけた投稿もお待ちしています。